UNeeds.jp

運営会社

趙 玉富

代表取締役社長 兼 CEO 趙 玉富

1994年上海交通大学数学部卒業後,上海にて事業展開される日系ソフトウェアに入社したことを機に来日。2000年ベンチャー企業アプレッソ,2005年日本HP (ヒューレット・パッカード)金融コンサルタント, 2007年オフシェア開発企業アチーボジャパンのマネージャとして大手製造・メガバンク・通信(KDDI)・IT・携帯(ソニー)など,ざまざま案件の開発を手がける。2012年,人々のニーズに答えるサービスや製品を提供するためのユーニーズ(株)を設立。

2001年~2003年,ベストセラー作家を目指すために500冊(日本語 約200冊)くらい、本を読み漁り10万字くらいの小説を書いたことがある。

2010年~2012年,起業するために,延べ1000以上アメリカ,中国,日本のインターネットサイトを研究する。


取締役 兼 CIO WU.B

南京大学卒業後来日、IT業界のシステム設計と開発を経験

投資に興味があったため、価値投資のフィロソフィと金融工学で株式運用システムを作成し、2011年プライベートファンドを成立。2012年10月まで、日経平均株価より20%以上高い運用成績を達成。2012年ユーニーズ(株)へ参加。


董 澤軍

取締役 兼 COO 董 澤軍

2000年大連工業大学コンピュータ科卒業後 DHCに入社,NEC第一開発部に所属し、2004年IBM(中国)入社後ジャパンコマーシャル部の設立を手がけ,現在5000人の部門まで発展させる。

2006年来日,アチーボジャパン入社後,金融、通信及び製造など情報システムの設計、構築及び運用に参加2012年株式会社NTTデータへ入社後,人々のニーズに答えるサービスや製品を提供する理念に共感し,ユーニーズ(株)へ参加。

CMMI,WebsphereCertification,SOAなどの資格を保有。


Techinal Adviser 張 鵬飛

2008年西安交通大学Computer Science卒業
2011年西安交通大学Computer Science院生 卒業
Second prize of Graduate Student Mathematic Modeling Contest of China (2010.1)
‘’Vchat‘’ Video Conference System,Duplication Detection on hadoopなどプロジェクトの参加
2011~ Application DeveloperとしてGoldman Sachs Japanに勤める


ファリザ アビドヴァ

顧問

平野 敦士カール Carl Atsushi HIRANO

株式会社ネット興銀マンとして企業を育て、NTTドコモでおサイフケータイの普及に成功。

Facebook、楽天・グーグルなど21世紀の勝ち組企業に共通する最新経営戦略として注目を浴びている「プラットフォーム戦略」の日本における第一人者。元楽天オークション取締役、元ドコモ・ドットコム取締 役、元タワーレコード取締役。

■職歴・経歴

1962年 米国イリノイ州生まれ。東京大学経済学部卒業後、日本興業銀行、NTTドコモiモード企画部アライアンス担当部長を経て、ハーバード・ビジネススクール准教授とともに戦略コンサルティング会社ネットストラテジー創業。 現在、一部上場企業を含む多くの企業のアドバイザーを務めるととも に、ビジネス・ブレークスルー大学教授(学長大前研一)、早稲田大学 ビジネススクール非常勤講師、ハーバード・ビジネススクール招待講師 を務める。


ファリザ アビドヴァ

ユーニーズビジネスパートナー

ファリザ アビドヴァ (Fariza Abidova)

SOPHYS株式会社 代表取締役&CEO

ウズベキスタンのサマルカンド出身。ヨーロッパ、アラブ、ロシア、アジアにルーツを持つさまざまな文化が融合した環境で育ったため、生まれながらにして異文化についてのフレキシビリティーを備え、その見識に精通している。

サマルカンド国立外国語大学で英語/日本語言語学を首席で修了。

2005 年神戸大学留学生センターに留学。国際関係学を専攻し、職場異文化理解をテーマに研究を行う。 英語、ロシア語、日本語など 7ヶ国語を習得したマルチリンガルである。

大手語学学校講師を経て、 SOPHOS株式会社を設立(2013年、SOPHYS株式会社に社名変更)。

大手を含む多数の企業で、海外のビジネスで必要なコミュニケーション/ビジネススキルのソリューションを提供、サポートするとともに、大手企業と共同で日本の将来のグローバルリーダーを育成するプロジェクトを企画、推進している。

また、自身の日本でのビジネス経験を活かして、外国人スタッフ向けに日系企業が求める人材育成プログラムも提供することで、日本と海外との相互理解に貢献している。

そして、自身の見識と世界に広がるネットワークをもとに、ASEAN・BRICSなどの新興国と欧米を結ぶ活動によって、世界における価値創造を目指している。